カテゴリ:U.K.( 21 )

X'masWreath★

イギリスの習い事、その3。
英国フラワーアレンジはと~っても習いたかったけど、既にドイツでフラワーアレンジの教室に通ってしまったし、日本でも飽きるほど華道をしたので、さすがにもうお花はいいや~と思ってました。。が!!クリスマスリースの1DayLessonがあるとのこと!単発で参加できる数少ないレッスンだし、久しぶりに花に触れる機会!とっても楽しみ♪なんだかんだいっても結局こーゆーのが好きなんだよね・・・
同じ街に住んでいる顔馴染みのお花の先生から「クリスマスリース用にバラの花を買っておくように!」とのお達しだったので、張り切って隣町のお花屋さんまで車を飛ばして行って来ました。花といえばなんでも 白 が大好きなんだけど、クリスマスリースということをふまえて敢えて真っ赤にトライ!!
a0053631_2005367.jpg

できあがりはこの正統派リース。本当は玄関扉の外側に掛けるものだけど、私はリースをずーっと見ていたいのであえてリビング扉に掛けてました。(←日本人的発想・・・)
実はその日一緒にレッスンを受けたお友達、出来上がったお気に入りのリースを早速ドアの外側に掛けておいたら・・・なんと、翌朝なくなってたんだって!ひどい~許せないっ!MKの街も案外物騒。。。ますます外に掛けられなくなった私でした。
a0053631_19595675.jpg

余ったモミの枝でもうひとつ★こちらでは意外とよく見かけるコレ。(正式名称忘れました・・・どなたかご存知の方教えて~!)木の実とまつぼっくりでシンプルに。暖炉の前に飾ると、フレッシュなモミの木の香りがクリスマス気分を盛り上げます♪
a0053631_20442089.jpg

[PR]
by moppet7 | 2009-12-03 21:30 | U.K.

聖歌隊☆

センターのネタ、ついでなので続けます。。クリスマスが近くなると(今頃だったかなぁ?)突如登場するちびっこ聖歌隊!
a0053631_1859499.jpg
センター内のOAK COURT(今から思えば中央の木はオークだったのね)でかわいい聖歌隊が歌います♪オークコート脇にあるHSBC銀行にいつもお金を下ろしに行く私は思いがけず観客に★
[PR]
by moppet7 | 2009-11-24 20:08 | U.K.

暮らしのいろいろ

イギリス覚え書き・・・自宅から一番近い(といっても車がないと難しい)ショッピングエリア。ここはスーパーMORRISONS(写ってないけどこの車の先にある)、日用品屋、洋服屋、まぁ贅沢を言わなければとりあえずのものはなんとか揃います。
a0053631_22245134.jpg
このエリア内にあるガソリンスタンド。私はほぼ毎回、ここで入れてました~
a0053631_22251061.jpg
イギリスではGSのほとんど全てがセルフ!と言っても過言ではない!今は日本もセルフがすごく多くなったけどまだ私が行った当時はスタンドの人に入れてもらうのが普通だった頃なのでちょっとびっくり。。。今、日本でよくあるドトール方式(まぁちょっと違うけどそんな感じ?)が主流で、自分でガソリン入れ終えたら併設のコーヒーショップへ行って、自分の車の置いてある場所の番号を「No.7!」とか伝えて支払いをするシステム。
a0053631_22253547.jpg
MORRISONSより気のきいたものが揃ってる大好きなスーパー 『WAITROSE』 センター(前の記事でアンティークフェアをやっていたところ)にあります。
a0053631_2226844.jpg
並んでいる紅茶やお菓子もおしゃれ★ここのオリジナルブランドの商品がパッケージも中身もかなりよくてオススメ!食品だけでなく洗剤なんかのパッケージも洗練されてます。向かい側には 『Sainsbury's』 もあります。ここも割と好き!
a0053631_22263383.jpg
大大大好きな『JohnLewis』 インテリア関係、手芸関係、キッチン関係もかなり充実していて、私は目的もないのによくフラフラと散策したものです。前にBlogに載せて、みんなも好きになってくれたあのモルトンブラウンもここの1Fで見つけたんだよ♪今はきっとクリスマス用品がいっぱい並んでいることでしょう・・・あ~、行きたいな!
a0053631_22274877.jpg
お散歩天国、the centre:mk!!(ロンドンにあるような高級ファッションブランドとかはないけどね)懐かしいです・・・・
[PR]
by moppet7 | 2009-11-22 23:10 | U.K.

シャドーボックス

イギリスでの習い事その2、 『シャドーボックス』 です。シャドーボクシングじゃないですよ~。もしかしたら「デコパージュ」っていう言い方もする?同じものなの??よくわかりませんが(笑)、とにかく同じ絵のプリントを何枚か用意して、テキストに従って専用のカッターナイフで丁寧に切り取っていき、高さを出しつつ重ねて貼っていくという、それはそれは気の遠くなる作業・・・・まず最初は簡単な作品からトライ!入門したばかりの新参者が必ずやるのがパンジー(実家の母に進呈)、その次はいちご(こちらは義母に)なのでした。
a0053631_20115595.jpg
それらよりちょこっとだけ難しいのがこの、月毎のお花シリーズ。白い花が大好きな私は迷わず選択!先生はアメリカに長く住んでいらした方で、材料のほとんどをアメリカから取り寄せます。プリントは本当に沢山の種類があって、(ファイル何冊分も!和風柄なんかもあります)いろいろ選んでいるうちに「あれもこれも!!」となるのが常、、そうしてみんなハマっていくのでした。。。
a0053631_20121151.jpg
これは、アントン・ペックシリーズといって、シャドーボックスしてる人はみんな一度はやるようなメジャーなシリーズ。もれなく私もやってみました~。難しい作品になればなるほどプリントの枚数やパーツの数が増えてゆきます・・・おそろしいことです。
卒業作品として、このアントンペックよりも強烈に難しい、しかも大きい作品(ヤーコブとかいう人のだったかな?)を選んでしまった身の程知らずの私は、最後の最後まで苦しむことになりました。すごくすてきな絵なんですけどね、とにかく細かすぎました(涙)大変な苦労の末にやっとの思いで仕上げた血と汗と涙の結晶なのに・・・なんと!!いつも作品を額装してくれるイギリス人のおじいさんが、そのタイミングで額屋さんを引退してしまい、おじいさんの後輩(これまたおじいさん。ブッシュ似)を紹介してくれたのですが・・・このじいさん、ものすごい下手くそで~!!これじゃあ私の方が上手くできるよ・・・と言いたくなるほどヒドイ額装の仕上がりに仰天(作品の厚みがあるので特殊な額入れが必要なのですが、それにしてもヒドイ)!がっくり。
でもお教室はとっても楽しかった!手は作業しているけど、お口は暇なので(笑)みんなおしゃべりしながらやります。ひと段落したら、先生がお茶を入れてくださってティータイム(さすがイギリス?)これを楽しみに行ってる時もありました~。
嗚呼、のどかな日々よ・・・・(追憶)
[PR]
by moppet7 | 2009-11-09 20:07 | U.K.

Miniature Needlework Society

今となっては、ミニチュアオンリーのミニチュアフェアで撮った写真なのか、手芸全般を扱ったフェアで撮った写真なのかよくわからない状態になってしまいましたが、たぶんミニチュアの編み物や刺繍を専門にしている団体のブースだったと思います★展示がなかなかかわいかったのでupしてみます~
a0053631_20472960.jpg
「写真撮ってもいいですか~?」「いいわよ~どうぞ~」
a0053631_20522351.jpg
こ、細かい・・・!!欧米人の大好きなドールハウス用です。おそらく12分の1サイズ?
a0053631_20533179.jpg
ミニチュア小道具いろいろ。クッションとかおくるみなんかも超極小サイズ!!(1枚目の写真で人間と比べてみてね)
a0053631_2054129.jpg
それなのに全部手編み!編み棒は針みたいに細いんですよ~。すごすぎる・・・神業。
a0053631_20573824.jpg
写真がブレブレです・・・(相変わらずフラッシュたかないからか)他にもいっぱい撮らせてもらったのにほとんど見事にボケまくってました(涙)
やっぱりミニチュア系は国籍問わず、年齢問わず、女の人ならかなりの高確率でハマる!と確信しました。民族を超えて、仲間意識の芽ばえ・・・(笑)あ、よく考えたら女の人だけじゃないですよね、ジオラマとか男の人も大好きですもんね~性別も問わないミニチュアの世界です★
[PR]
by moppet7 | 2009-11-02 21:08 | U.K.

アンティークフェア日参

運転はできても、遠くまで行くとなるとかなり道が怪しいわたし。(もちろん例の車にナビなどついていません)アンティークフェアが大大大好きなのですが、そんな理由でひとりでは決して行けないのでした。ほとんどのフェアは自宅から遠く離れているのです。
でもだがしかーし!!
いつも買い物に行く、街のショッピングセンターのホールで開催されるこの小さいフェアだけは!自力でフラ~ッと参加できるのです。なんなら会期中、毎日でも行けますっ(笑)
a0053631_21153877.jpg
琺瑯製品を真剣に物色しているイギリス婦人達。私も含め、みんな真剣です!ロンドンより何割か安いような気がするし、時間はたっぷりあるし、じっくりじっくり選びます。
出店中の老婦人に、「触ってもいいですか~?」と声を掛け、気に入った商品を見せてもらったはいいけれど、彼女ったら頼んでもいないのにいろいろ説明をはじめちゃいました(仕事だもんね)。内容、なんとなくはわかったようなつもりでいたんだけど、たぶん肝心なところがわかってなかったらしい自分(!)。いまいち反応が悪い私をみて、おばあさまったら「もっと英語を勉強しなきゃダメ!」とお小言、、、ハイたしかにホントそうですよね、ごめんなさい・・・(超反省)
老婦人のブース(写真のここではありません)で、一目見て気に入った本立てと、ピンクのニットワンピースを着たクマ(この2点はいまでもすっごくお気に入り!)を、早々に購入し、おばあさまにサヨナラしました。(逃げろ~)
a0053631_2115577.jpg
おじさんもいっぱいいます!
ただすごく残念なことにこのフェア、何故かこの翌年にはなくなっちゃいました・・・。毎年2回くらいは開催されてたらしいのに~!今はどうなのかな?復活してるかな?
思い出して書いてたら、なんだか懐かしくってすご~く行きたくなってきました。

今回も記憶を呼び起こしてかなり脳が活性化された!(ような気がする)
[PR]
by moppet7 | 2009-10-28 21:08 | U.K.

UKに於いてのマイカーまでの長い道程

UK時代の車の写真、みつけました!このGOLFには大変お世話になりましたが、それ以上に苦労があったよーな気がします・・・
a0053631_21101222.jpg
ドイツと違って、車が2台(一人一台)ないと大変不便なMKの街。そもそも帰国する日本人から中古のマーチを買う予定だった私なのですが(こちらの中古車はヤバイのが多いので中古車を買う場合、日本人から適正価格で譲ってもらうのが安心で良いと聞かされていた)、ちょうどその本帰国のご家族がイギリスを離れるという時に、なにかの手続きの為、一旦ドイツに戻っていた私達。(タイミング悪すぎ!)仲良しの友達が代金を立て替えてくれると言ったけど、いろいろ書類なども書かなきゃいけないしということで結局その話は白紙に・・・(涙)
それからはしばらくは本当~~に周りのみなさんにお世話になりました。。。
「買い物行くけど一緒に行かない?」とか、車がないからまだ習い事はできないと言う私に「乗せて行ってあげるからはじめなよ~」とか。いつもいつも優しくしてくれたみんな・・・いくら感謝しても足りないです。ありがとう!!
しばらくして、知り合いの日本人の方から期間限定で月単位で格安レンタルできることになったのがこのGOLFでした♪・・・がっ!!!実はこの子、とっても大変な子なのでありまして(苦笑)スーパーへ買い物に行けば、駐車場でエンジンがうんともすんとも言わなくなったり、、、しかもそれが一度じゃ二度じゃないのです!!「またかからないよ」と、仕事中の主人に電話して急遽来てもらったり、ある時は見知らぬイギリス人が「どうしたんだ?!」と、手伝ってくれて(さすが紳士の国イギリス!)どうにかやっとエンジンがかかって、とりあえずだましだまし運転してなんとか帰宅できた、という事もありました。もう冷や汗びっしょり・・・(住所を聞いて後でお礼に行きましたよ)またある時には、友達の家にランチに行く途中、ボンネットから煙が出てきて(!!)友人宅までたどり着けなかった時もありました(涙)とにかく毎日がサバイバル!!疲れる・・・もちろん何度も修理やさんに見てもらったけど、ダメなんですよ・・・。仕方がないので自腹で新品のバッテリー(かなり高価でしたが)に変えることに・・・(涙)でもそしたらなんだか少し調子よくなった♪はぁ~(ため息)
そうこうしている間にレンタル期間も終了!持ち主の方が同じ会社の新しく駐在してきた方にこの車を売るとのこと。さよなら、GOLF~とりあえずありがとうー!バッテリーも可愛がってもらえよー(笑)
なぜ私、ここまでこんなに耐えてきたかというと!この異動の季節、帰国売りでこちらのPOLOを購入することが決まっていたのですーー!!
a0053631_21115870.jpg
うれしいよ~~~ぱちぱち。私、ここまで本当に苦労しました!自分を褒めたいっ!!そして、友達にも感謝します、ありがとう!その後、このPOLOは無事に本帰国まで私と共に暮らすことになりました。

なんだか写真で見ると同じように見えますが実は全然違うのよ~
色もGOLFは青で、POLOはちょっと紫がかった青。ナス紺っていう??

お世話になりました。ぺこり。
後日談:GOLFの新しい所有者から「鍵穴からキーが抜けなくなって無理にひっぱったら折れた・・・仕方がないので助手席から乗り降りしています」とのこと。あの子はやっぱりどこへ行っても問題児なのですね。。。 
[PR]
by moppet7 | 2009-10-26 22:25 | U.K.

アンディの庭に

イギリスの家のおとなりさんはアンディ一家。夫婦と小さい男の子とその妹の4人家族です。我が家とは言葉もろくに通じないので、そんなに仲良しではないけど、宅配便をお互い預かり合ったりする仲。彼らはごく一般的なイギリス人家族だと思われます。
ある朝、私の寝室の窓の外になにかしらの 気配 を感じ、何気なく外を見てみたら!!
a0053631_204717100.jpg
なんと!!謎の怪獣出現~~~!!
あの~こんな狭い庭に無理矢理入れなくてもいいと思うんですけど・・・(苦笑)
a0053631_2111684.jpg
どうやらお誕生日会のよーです★おめでとう(*^o^*)
[PR]
by moppet7 | 2009-10-25 20:28 | U.K.

olney村のPancakeRace

私の大失敗を聞いてください・・・。住んでいた街から車で20分くらいのところにあるオルニー村。実は日本にいる時からその村の名前は知っていました。なぜなら、ここで『パンケーキレース』があるから!!日本で読んでいた雑誌にこのレースの模様が載っていて、とってもかわいいイベントだな~、一度行ってみたいな~と思っていたのです★はからずも、運良く近くに引っ越すことになった私♪ 神様、ありがとう!
a0053631_20293464.jpg

レース当日、出場者はフライパンにパンケーキを載せたまま村の中を走る!ただ落とさないように走る!!というシンプルな競技だけど、皆のいでたちがエプロンして可愛くて微笑ましい♪会場では手作りのジャムとかいろいろ売られるみたいだし、すっごく楽しみ!!
a0053631_20354848.jpg

・・・にしていたのですが、諸事情あり、なぜか2回とも(年に1度毎年2月に開催)行きそびれました・・・私、マヌケ過ぎる~(大号泣!)
a0053631_2046368.jpg

オルニーの町は小さいけど、かわいいお店がちょこちょこあって友達とよく出向きました。アンティーク屋さんもあります♪ひとりで車をとばしてフラッと来ることもありました。  
a0053631_2057444.jpg
ここはcafe 『TeaPots』
a0053631_2103455.jpg
こじんまりした店内でゆっくりおしゃべりしながらお茶します
a0053631_211551.jpg
イギリスらしい、たくましいケーキたち(よく言えば素朴)
a0053631_20462590.jpg
常設の看板の裏面。なにしてるのかな?ボビンレースじゃないよね?!
[PR]
by moppet7 | 2009-10-19 21:08 | U.K.

ボビンレース

イギリスでは暇にまかせていろいろな習い事にチャレンジしてみました!中でも、もっと早くはじめればよかったな~と思ったのはボビンレース。仕上がったレースももちろんだけど、なんといってもお道具が素敵★カタチから入るタイプの私はひととおりお道具を揃えるのがこの上ない楽しみでした(笑)住む街からかなり離れた場所にある展示場で年に一度行われるフェアに、仲間達や先生と一緒に出掛けます。そこには日本では見たことのないような手芸用品があふれかえっている!そしてイギリス人のおばさま方もあふれかえっている~!!
a0053631_22435235.jpg
糸が巻いてあるボビンはひとつひとつ自分でビーズを選んで作ります。これがまた楽しいんですよ~。ボビンのコレクターもいるようで、手描きでいろいろな絵や文字を描いたものや、年号の入った記念のものなどいろいろ売られています。ひとつひとつがとてもかわいくて買わずにはいられません・・・
a0053631_22592123.jpg
これは比較的早い段階で作ったハート。卒業制作の一番の力作(ピローにボビンが載りきらないくらいの本数だった!)を載せようと思ってたのに、写真を撮ってなかったみたいなので作品はまたいずれ!それにしても、短期間に集中して覚えたものって、自分でも驚くくらい忘れるのも早いです。私にとって、ボビンレースとドイツ語はその代表格。(悲)
[PR]
by moppet7 | 2009-10-17 23:12 | U.K.